キャリアパスを描くヒント

インフラエンジニア向けのキャリアパス情報まとめ

始めに必要なスキル

 インフラエンジニアとして働いていくことを選ぶ人に求められるのは基本的な情報機器や情報技術に対する幅広い知識であり、それを元にして現場経験を踏んでいくのが将来的に活躍していく上で重要な要素となる。キャリアパスとして現場でのシステム導入を行うことによって情報機器や情報技術についての知識や実務経験を身につけ、それから運用や保守を行う道へと進むことで現場での様々な問題点を認識し、その中で限られた人材が開発や設計を担うようになるというのが典型的である。

 そのため、インフラエンジニアの入り口時点で持っているべきスキルとしてシステム導入の現場で円滑に動くことができる体力とコミュニケーション能力も忘れてはならない。大型機器の搬入を行う必要があることから体力的要求も大きな現場であると同時に、それらを限られた時間で効率よく設置していく必要があることからチームワークが大切である。導入するシステムの規模が大きくなればなるほど互いに連携を取っていくことが重要になることから、適切なコミュニケーション能力を持っていることの重要性もより高くなる。現場にクライアントの担当者がいる場合にはその人と適宜相談してより要求に合ったシステムを構築する必要も生じるため、臨機応変な対応が迫られることも稀ではない。そういった際に他のエンジニアとの橋渡し役となれる人材となると現場で重宝されると共に、高い評価が得られるようになるのである。

There are no comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です