キャリアパスを描くヒント

インフラエンジニア向けのキャリアパス情報まとめ

業務内容と年齢層

 インフラエンジニアは、企業等においてインフラとなっているシステムを取り扱うエンジニアであり、その周辺について幅広く仕事を担うことになる。インフラとなるシステムとして基本となっているのがネットワークやサーバーであり、そういったシステムを取り扱う企業に勤めている場合には特に専門化された業務を担うことが多い。ネットワーク機器等の情報機器の開発から、それを用いるシステムの設計、依頼に応じたシステムの導入、そのシステムの運用や管理、必要に応じた保守や点検といった仕事が担われることになる。場合によってはフィールドエンジニアとして営業活動を行うことも要求され、カスタマーサービスを担うエンジニアも必要とされる企業も多い。

 こういった多岐に渡る仕事があるものの、基本的に必要とされるスキルはインフラを構成する機器に関する理解とそのシステムを動かすソフトウェアの使い方の把握であり、それができることでほとんどの仕事を担っていくことができる。数ある業務内容の中でも維持や管理に関わる仕事は一般企業からも需要が高く、体力的な要求の少なさから定年頃まで働けるキャリアパスとして注目されている。一方で、システムの導入やフィールドエンジニアとしての仕事には体力的要求が大きく、企業側の要請により若手のインフラエンジニアが担うことになる。しかし、こういった仕事は情報機器について理解を深めるにも適した現場となっている。

There are no comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です