キャリアパスを描くヒント

インフラエンジニア向けのキャリアパス情報まとめ

ハード面の理解が必要

 インフラエンジニアとして働いていくために必要なスキルは情報機器に対する深い知識と経験である。データベースエンジニアやプログラマ等として働く場合には機器に対する知識よりもソフト側の知識が重要となる。一方で、インフラエンジニアはハード面での知識がなくてはネットワークシステムやサーバーの構築を行っていくことは難しく、現場でのインフラとなるシステムの構築を行うことができない。また、インフラエンジニアの重要な仕事として構築されたシステムの維持や管理を担うという面があり、そのためにもソフト面だけでなくハード面への理解が必要となる。場合によっては構築されているシステム自体に手を触れて配線をし直したり、新しい情報機器を導入したりすることによってシステムを改善したり、障害対応をしたりする必要が生じる。そのため、既存の情報機器だけでなく、常に最新の機器についての理解を深めておくことがインフラエンジニアには求められるのである。

 そういったハード面に対するスキルが必要とされるのが特徴的な面ではあるものの、エンジニアとしての仕事としては単調な部類に入ることから、知識をつけるだけで速やかに仕事に携われるようになるという特徴もある。比較的歳をとってからも担える仕事内容が多いことも相まって、キャリアパスとしてインフラの管理や保守を担う仕事へと進む道を選ぶことによって安定した仕事を得られるように計画するエンジニアも少なくはない。

There are no comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です